スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

2006年を振り返って

2006年もあっという間に終わろうとしてます。
本当に早い一年でした。
私の206年は、妊娠・出産を経験し、可愛い娘を授かった本当に嬉しい年だったなー。
胎動とかは懐かしいって思えるけど、つわりだけは思えない・・・。
あの気持ち悪さは最悪でした
今はまだねんねとおっぱいタイムがほとんどだけど(たまにぐずって長時間手を焼くこともありますが)、来年一年の成長が本当に楽しみです。
来年は親子3人で色々お出かけも出来たらいいなーって思います。

来年の抱負は、ゆったりとした気持ちで子育てをすること!!かな。

では皆様も良いお年をお迎え下さい

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

2006/12/31 07:09 | 日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

母乳恐るべし!!

娘は今のところ完全母乳で小児科の先生にも褒められるほどすくすくと育っています。
(妊娠して以来、体重で褒められるのはこれが初めてかも・・・)
そのおかげで、私はいつも腹減り状態
授乳婦は一般女性より+600㌔カロリーなので、約一食分は多い計算だけど・・・。
この腹減りは本当にすごい。
どんどん母乳で娘に吸い取られていくのがよくわかります。
実際、退院した時は体重は妊娠前より+5キロで、やばい!! って思っていたけど、出産から3週間が経過した今日ではすでに+1キロになっていた。ちょっとビックリ
どうりでお腹が空くわけだ。
まー、夜も授乳で2時間から3時間おきに起きているから、それだけでも違うとは思うけど、母乳パワーは色んな意味ですごいって改めて実感しました。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

2006/12/28 16:46 | 育児日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ついに!!

生後18日目。
やっとへその緒が取れました。
前回の娘の検診まで一日2回のへその緒の消毒っていうのは、それなりにやっていやんだけど、やり方が違っていたことが判明
私達はへその緒の上を拭き拭きしていただけなんだけど、どうやら上下をめくるようにして、乾燥させるのも目的でやらなければいけなかったみたい。。。
そうやっていたらあっという間に取れました。
些細なことだけど、親としてはこんな事にも感動です。
早くジクジクが乾いて、湯船に入れられるようになるといいなーって思う。
さすがに部屋をいくら暖かくしても、お湯に入れずに身体を洗ったり拭いたりするのは寒くて可愛そうだし。
今は2~3時間おきの授乳でちょっと大変だけど、これも今だけなので、楽しみながらその時だけの時間を過ごしていきたいなって思います。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

2006/12/25 22:51 | 育児日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

病院生活~食事編~

今日は病院で食べた食事を紹介したいと思います。
日本ではほとんど病院要らずで、まして入院なんて全く無縁の世界。
まー、病気で入院していたらある程度食事制限もあるので好きなものとはいかないと思うけど。
出産で入院した場合、日本ではどんな食事が出るのかな?
RWJは食事がいいって聞いてたけど、本当に素敵でした
全部は撮ってこなかったので、一部紹介します。
朝食メニューと昼、夜メニューがあって、朝は飲み物、主食(シリアル、ベーグル、マフィン、パンケーキ、トースト)、卵料理からそれぞれ選択。
昼、夜は前菜、サラダ、スープ、メイン(肉、魚、パスタ、ハンバーガー、サンドウィッチ、主食のサラダ)、デザート、飲み物から選択。
20061222020624.jpgこれは入院して最初の夕食
まだ陣痛促進剤を使用する前で、全く元気だったのでモリモリ頂こうと思ったので、沢山頼んでみました。
メイン:フィレステーキ(アスパラ、ベイクドスイートポテト付)
その他:ブロッコリーのクリームスープ、サラダ、フルーツ盛り合わせ、ジュース、アイス



20061222020744.jpg昼食
メイン:チキンサンドウィッチ(フライドポテト付)
その他:トマトスープ、デカフェ紅茶、ストロベリーアイス
*このストロベリーアイスはいまいちでした





20061222020855.jpg夕食
メイン:ペンネ
その他:ガーデンサラダ、バナナ







20061222020951.jpg夕食
メイン:ポーク(ブロッコリー、ベイクドポテト付)
その他:ガーデンサラダ、ジュース、バナナ







20061222021052.jpgメイン:ラザニア(ガーリックパン、ブロッコリー付)
その他:チキンヌードルスープ、ガーデンサラダ、ジュース、フルーツカップ、フィラデルフィアチーズケーキ
*最後の夕食だったので、おもいっきり頼んじゃいました



病院食なので全体的に味は薄めで、それが逆に丁度いい感じでした。
電話で注文するんだけど、ちゃんと正装した人が運んできてくれて、ちょっとしたレストランって感じです。
こんなの食べて乳腺詰まったらどうしよ~って思いながらも、食欲にはかなわず、食べたいものを頼んでいた私。
食事が終わると、次は何食べようかな~って真剣に悩んでました。
ちょっと少なめに頼むと、電話先の人が本当にそれだけでいいのか??って何回の聞かれたりして。。。
みんなモリモリ食べているのね。

とりあえず、食事はこんな感じでした。





テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

2006/12/21 12:03 | 日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

病院生活~出産編~

ちょっと娘も私も慣れてきたので、病院生活を書こうと思います。
今回は出産編。
予定日を過ぎても陣痛がこないため、6日に入院して促進剤を使って出産することに。
午後4時、いざ病院へ!!
これから産むと思うと、ちょっとドキドキでした。
夕食を済ませて、午後8時頃まず子宮口を朝までに3㎝に広げるために、下から紐のついたなにやらを挿入。
そしたらちょっとずつ陣痛がやってきた。
途中、不快感があって眠れないこともあるということで、睡眠薬を注射で投与してもらいぐっすりおやすみタイムへ。
この睡眠薬、入れてる時からだんだんくらくらしてくるとは言われていたんだけど、本当にしてきて、なんだかちょっと唾液とかが飲み込みずらい感じになって、「もしかしてこのまま目覚めない死ぬ??」って思ったぐらい。
でもそんな心配もなんのその。午後1時ぐらいにかなりの激痛で目が覚めました。
私には促進剤が効きすぎたみたいで、途中で抜いてもらったんだけど既に遅し。
陣痛はどんどん痛みを増してきて、あげくの果てには予定していた無痛分娩も間に合わないとのこと。
そんなことを最初知らなかった私は、無痛の予定だからこれはまだ序の口の痛みなんだと思っていた。
でも、こんなに痛いのを我慢するんだったら無痛の意味ないじゃん!?って思っていたことも事実。
そして痛みに耐えること約2時間。
子宮口も10㎝になり準備OK。
看護士さんはドクターを呼んでくれたんだけど、ドクターはなかなか来ないし、私はいきみたくてしょうがないし。。。
陣痛の痛みの我慢も大変だけど、いきみたいのを我慢することのほうがよっぽど大変だった。
呼吸法は練習しといて本当に良かったと思った。そうじゃなきゃ我慢できなかったなー。
そんなこんなしていたら、ドクターがやっと登場。
私の中では「も~先生、早くして!!「遅いよ!!」って感じでした。
そして出産。陣痛に合わせていきむ時にドクターが主人に「日本語でプッシュは何ていうんだ?」って質問。
主人が「いきむ」って答えたら、上手な日本語で「いきんで!!」「いきんで!!」って言っていた。
親切で言ってくれたと思うけど、いきみながらも「私もプッシュぐらいはわかるよ、先生・・・」って思っていたことをよく覚えている。
いきんだのは3回ぐらいで、すんなり出てきてくれてとっても親孝行な娘でした。
睡眠薬で寝ていられたこともあって、あまり体力の消耗もなく、よくわからないうちに生まれたっていうのが実際です。
でも、無事生まれた時は本当に嬉しかったなー。
私達のところに生まれてきてくれて本当にありがとう!!っていう気持ちでいっぱいでした

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

2006/12/18 01:12 | 日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

生まれました

とりあえず報告です。
12月7日に無事女の子を出産しました!!
小さいと心配されていましたが、予定日から一週間遅れたのでそこですくすくと育ってくれたのか(ただ母がデブっただけという話もありますが・・・)
20070102102734.jpg

体重:3036g 身長:49、5㎝でとっても標準サイズ。
日本は今2800グラムぐらいが普通って聞くからちょっと大きいぐらじゃない!!って感じです。
何はともあれ無事に生まれてきてくれてほっと一安心
予定していた無痛分娩は間に合わず。。。結局普通分娩での出産でした。
出産&病院生活はまた後ほど詳しく載せたいと思います。


テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

2006/12/15 11:27 | 日記COMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

父、母無事到着。

今日、父と母が無事到着しました。
たぶん両親にとっては今回が初海外&発フライトだったはず。
命がけ&大冒険?? ぐらいの勢いだったと思います。
成田空港まではタクシー会社のサービスを利用して行ったので問題なく到着できたみたいだけど、朝6時のだ~~れもいない空港の玄関でタクシーの運ちゃんに「では、お気をつけて~~と言われても、どっちへ行っていいやら。。。って思ったみたい。
後はそんなに問題なくJFKの出口までたどり着けたようです。
発フライトで12時間はきつかっただろうなー。
でも、1年半ぶりの再開でとっても嬉しかったし私&孫のために頑張ってアメリカまで来てくれた両親には本当に感謝でいっぱいです。
普段頻繁に会えていない分、親も歳をとったなーって言うのが最初にあった瞬間の感想だったなー。
これからの約20日間、久しぶりの家族と新しく産まれてくるBabyと主人と、みんなで思い出に残る時間が過ごせたらいいなーって思ってます。

*1つ訂正
父親は国内線には乗ったことがあるようです。
娘だけど知らなかった・・・。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

2006/12/03 22:18 | 日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。