スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

小児科の先生にインタビュー

アメリカでは出産前に小児科の先生を決め、出産先の病院に赤ちゃんの診察に来てもらうというシステムになっているので、小児科の先生に会ってきました。
インタビューには私達も含めて2カップル参加。
アメリカ人はよく質問すると前にインタビューに行った友人が言っていたけど、本当に熱心に質問していた。
しかも、質問するのはほとんど旦那様。
質問できるってことは子育てに感心もあるし、色々調べてきているっていうことだよなーと思い、ここにもまた日本との違いを感じました。日本だったらきっと母ががんがん質問してるはず。
私達はインタビューに行ったものの、何を質問していいかもわからず、先生の話&彼らの質問を黙々と聞き、病院内を見学して終了。
先生の印象もとってもいいし、主人の会社の方もお勧めの病院だし、家からも近いのでここに決定です。
小児科の先生が決まって、一安心。
後はカーシートさえそろえれば、とりあえずいつ産まれても大丈夫な状態になる・・・はず。
出産準備も楽しいけどなかなか大変です。

スポンサーサイト

2006/10/26 10:18 | マタニティライフCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。